カート
COLUMN(読み物)&ニュース 読み物 【機能性?穿き心地?シルエット?】レインパンツの賢い選び方と、アメトハレ人気モデル徹底比較!

【機能性?穿き心地?シルエット?】レインパンツの賢い選び方と、アメトハレ人気モデル徹底比較!

長雨の多い季節でのお出かけやから、自転車通勤・通学、そしてアウトドアや作業といった雨のなかでのアクティビティに欠かせないのがレインパンツ。
レインコートやレインポンチョでも、本格的な雨から下半身を守る際には欠かせませんよね。

そんなレインパンツ、一見すると見た目にはそれほど違いが見えにくいので、どれも同じだと思っていませんか?
あるいは、上下セットでついているパンツで満足していませんか?
でも実は細部まで比べてみると、機能やデザイン・使い勝手で大きく違ってきますし、パンツ単体で販売しているモデルは相応に満足度の高い機能を備えています。そこで、

いざというときにはしっかり使いたい」けど、
そんなに出番の多くない一着だから、なるべく出費は抑えたい…

そんなレインパンツ選びにお悩みのみなさんのために、カジメイク流、レインパンツ選びのコツと、アメトハレが自信を持っておすすめする、人気・実力派レインパンツのおすすめモデルを、どこが違うのか、どんな方におすすめなのかを含めてご紹介します。

アメトハレが自信を持っておすすめする、人気・実力派レインパンツのおすすめモデル

賢くレインパンツを選ぶためのポイント

しっかり防水性・透湿性の高い素材を使っているものを選ぶ

一言でレインパンツといっても、完全に水を通さないというわけではありません。防水性能は「対水圧」という値で表現され、この数値が高いほどそのウェアの防水性能が高いことを表しています。細かい説明はこちらの記事で説明していますので省きますが、これが10,000mm以上であれば、普段使いでは十分な性能を備えているといっていいでしょう。

また、防水性と合わせて、「透湿性」もしっかり備えたパンツを選ぶことも大切です。よく、雨具を着ていたらいつの間にか服の内側がぬれていたという人がいますが、実はレインウェアが水を通したというよりも、体内から出る水蒸気によって服の内側が濡れてしまっていることがほとんどです。透湿性が備わっていることで、衣服の中の汗による湿気が外に排出され、長時間着ても蒸れずに快適な穿き心地が続きます。

穿き心地がよく、サイズ感・シルエットが目的にあったものを選ぶ

下半身は、実際のところ上半身以上に大きく身体を動かすことが多く、このためレインパンツはより動きやすい作りになっているかどうかをチェックすることが重要です。

動きやすいレインパンツの場合、膝や股下部分などに関節の動きを計算に入れた立体的な裁断になっていたり、あるいはある程度伸び縮みするストレッチ素材を採用していたりするものです。こうすることで、動いても生地が突っ張ったりしてストレスを感じにくくなるのです。

またレインパンツのサイジングについて、大前提として裾が短すぎたり長すぎたりしては支障が出ますので、自分の体形に合ったものを選ぶ必要があります。上下セットの場合、上着のサイズに合わせて買ったらパンツのサイズが合っていなかったなんてい人も中にはいるのではないでしょうか。

さらにレインパンツの場合、通常は洋服の上から穿くタイプのものが多いのですが、モデルによってはそのまま直穿きできる細身シルエットのモデルもあります。同じサイズでもシルエットが微妙に異なることがありますので、目的とイメージに合わせてフィッティングをチェックしましょう。

ポケットやウェスト・裾調節などが便利で使いやすいものを選ぶ

レインパンツにはサイドポケットやフロントファスナー、光を反射するリフレクタープリントなど、そのパンツの想定される利用シーンによって細部の使い勝手が異なります。このため自分の望みの機能・パーツがついているかどうかも最後にチェックしておくと、きっと自分にピッタリの、満足のいくレインパンツ選びができるはずです。

アメトハレで人気のレインパンツを徹底比較!特徴やおすすめの着回しをご紹介

失敗しないレインパンツ選びのコツが分かったところで、早速アメトハレの人気レインパンツ3モデルを紹介します。

7571 ストレッチシールド パンツ

ストレッチシールド パンツ

  • 価格:¥2,280円(税込)
  • カラー:グリーンカモ/ブラック
  • サイズ:S/M/L/LL/3L/4L

7720 KJ レインパンツ / 7730 KJ レインパンツ EX

レインパンツ

  • 価格:7720 KJ レインパンツ¥2,880円 / 7730 KJ レインパンツ EX¥3,480円(税込)
  • カラー:チャコール/ブラック
  • サイズ:S/M/L/LL/3L/4L

5441 防水防寒ズボン

防水防寒ズボン

  • 価格:¥3,280円(税込)
  • カラー:ブラック
  • サイズ:M/L/LL/3L

詳細の特長比較(1) シルエット・動きやすさ

まずはじめに穿いた時のシルエットや動きやすさについて比較してみます。

下の写真は176㎝のモデルがLサイズのパンツを穿いて比べてみたものです。股上・股下の長さはほとんど同じですが、大きく違うのはそのシルエット。左のストレッチシールドは一般的なトラウザーと同じように、やや細身のストレートシルエットになっており、最も身体のラインがキレイに見えるのが特徴であり魅力といえます。このためパンツの上からだけでなく、直穿きしてもブカっとした穿き心地になりません。しかも適度に伸縮するので、細身であっても窮屈さを感じることも少なく動きやすいように配慮されています。

一方写真中のKJレインパンツは最も一般的なオーバーパンツの裁断で、ややゆったり目、レインパンツの王道ストレートシルエットです。その分太めのシルエットに見えてしまいますが、腿から裾にかけて全体的に余裕のある幅ですので中にパンツを穿いていても、また大きな動きでも窮屈さを感じることはまずないでしょう。その汎用性の高さが魅力です。

防水防寒ズボンはこちらもストレッチ素材を取り入れているため、中綿入りのパンツとして考えればかなりスリムなストレートシルエットになっています。

防水防寒ズボンはストレッチ素材

詳細の特長比較(2) 防水性・透湿性・着心地

次にそれぞれのレインパンツが採用している生地(素材)を見てみます。ストレッチシールドパンツは防水生地の裏地をTPUラミネートという手法で貼り付けたポリエステル100%生地で、裏地はべたつきを感じにくいように微細な凸凹が施されています。一方KJレインパンツは防水生地の裏地をメッシュ地で覆うことで保護しながら心地よい肌触りを実現しています。防水防寒ズボンはストレッチシールドと同じ防水透湿生地の裏地に中綿のキルティングを配置しているため、通常のレインパンツというよりも一般的な厚手ズボンのような肌触りです。

ストレッチシールドパンツは防水生地の裏地をTPUラミネートという手法で貼り付けたポリエステル100%生地

防水性能を示す「耐水圧」の数値は、どのモデルも同じ10,000㎜あります。この数値ならばたいていの大雨でも問題なく浸水を防いでくれます(あくまでも目安ですが)。もちろんフルシームシーリングですので、縫い目から水が浸透してくるといったこともありません。

また、衣服内のムレにくさを示す「透湿性」の値はストレッチシールド、KJ レインパンツともに5,000g/㎡-24hとこちらも激しい運動などをしなければ、安静にして少し運動する限りで十分な透湿性といえます。ちなみに、防水防寒ズボンは内側に中綿を封入しているため正確な値は出ていませんが、こちらもある程度の透湿性を備えた生地を使用しています。

素材比較まとめ

アイテム 7571 ストレッチシールド パンツ 7720 KJ レインパンツ/7730 KJ レインパンツ EX 5441 防水防寒ズボン
生地 ポリエステル 100%(TPUラミネート) ブリザテック:ナイロン100%(PUコーティング) ポリエステル 100%(TPUラミネート)
耐水圧 10,000㎜(フルシームシーリング) 10,000㎜(フルシームシーリング) 10,000㎜(フルシームシーリング)
透湿性 5,000g/㎡-24h 5,000g/㎡-24h
裏地 べたつき感を軽減した特殊防水フィルム メッシュライニング:ポリエステル100% 軽量な中綿入り、ポリエステル100%
中綿 無し 無し

詳細の特長比較(3) 機能性・使い勝手

細かい部分をみてみると、各モデルで微妙な違いが出てきます。

ストレッチシールドは直穿きしても使い勝手が悪くならないようにという配慮から、今回唯一左右にフラップ付きポケットが付いています(写真左上)。KJレインパンツEXは長時間の利用を想定して、ウェストにスナップボタン、そしてフロントファスナーによる前開き仕様になっています(写真右上)。これは同じ素材のKJレインパンツ(写真左下)では省かれていますのでご注意を。最後に防水防寒ズボン(写真右下)は重ね着でのウェスト調節がしやすいように腰回りを二重裾+ベルクロで幅調節可能になっています。

今回唯一左右にフラップ付きポケットが付いています

機能比較まとめ

  7571 ストレッチシールド パンツ 7720 KJ レインパンツ/7730 KJ レインパンツ EX 5441 防水防寒ズボン
イメージ ストレッチシールド パンツ KJ レインパンツ 防水防寒ズボン
サイズ展開 S/M/L/LL/3L/4L S/M/L/LL/3L/4L M/L/LL/3L
男女兼用 男女兼用(ユニセックス)タイプ 男女兼用(ユニセックス)タイプ メンズのみ
フロントファスナー 無し 7730 KJ レインパンツ EXのみ◯
ウェスト調節 総ゴム仕様+ウェストコード(紐) 総ゴム仕様 背面ゴム+サイドアジャスター
ストレッチ 無し
ポケット 前面左右にフラップ付きポケット 無し 無し
リフレクタープリント 無し 無し
裾周り調節 調節不可
  • 7720 KJ レインパンツ:スナップボタンで幅調節可能
  • 7730 KJ レインパンツ EX:ファスナーとベルクロで脛まで解放可能
二重裾+ベルクロで幅調節可能
重量 約200g(Lサイズ)
  • 7720 KJ レインパンツ:約200g(Lサイズ)
  • 7730 KJ レインパンツ EX:約200g(Lサイズ)
男女兼用 フリー

まとめ:アメトハレで人気のレインパンツ 特長比較とおすすめ利用シーンは?

あなたにピッタリのレインパンツは?
スッキリシルエットの
直穿きタイプ
レインパンツの王道シルエット
長時間使える本格派
冬の屋外アクティビティに
長時間快適に穿ける防寒対策レインパンツ
直穿きでも穿ける細身の美シルエット パンツの上から穿けるゆったりシルエット パンツの上から穿けるゆったりシルエット
軽くて動きやすく、蒸れにくい 軽くて丈夫で蒸れにくい 中綿入りで足元ホカホカ
街での普段使いに最適 アウトドアや軽作業にピッタリの本格派 冬の屋外アクティビティに最適

アメトハレの人気レインパンツをさまざまな角度から比較してみました。いずれも「防水・快適性」で「長もち」、「手に取りやすい価格」という基本的な特徴を共通して備えながら、実際に利用するシーンに合わせそれぞれ個性を持っているということがお分かりいただけましたでしょうか。

もしあなたが通勤・通学や送り迎え、お買い物など数十分程度の外出といった街での日常使いをメインにお考えの場合におすすめなのが7571 ストレッチシールド パンツ。

ストレッチシールド パンツ02

7571 ストレッチシールド パンツ 詳細ページへ

軽作業やアウトドアでの着用など、パンツの上から穿く前提で、より丈夫さと長時間での快適性を気にする場合にはブリザテックを使用した高機能・高耐久なKJレインパンツシリーズがおすすめです。

高機能・高耐久なKJレインパンツシリーズ

7730 KJ レインパンツ EX 詳細ページへ

最後に冬のお出かけや雪かきなど、秋冬の屋外作業を中心とした利用には、軽量な中綿とストレッチ生地によって着膨れしないすっきりデザインを実現した防水防寒ズボンをおすすめします。

防水防寒ズボン

5441 防水防寒ズボン 詳細ページへ

足元も含めてあなたにピッタリの雨具を選んで、雨でも雪でも、安心して楽しく日常を過ごせるよう、ぜひ参考にしてみてください。

follow us